アメリカの物件へ投資するメリット・デメリット

不動産投資TOP >> 物件の場所別 >> アメリカの物件へ投資するメリット・デメリット

アメリカの物件へ投資するメリット・デメリット

日本にとって関係の近い国として、アメリカをイメージする人も多いでしょう。海外旅行でアメリカに訪れたことがあるという人もいるでしょうし、仕事をしている人は出張でアメリカに何度も行ったことのある人もいるはずです。海外で不動産投資をした場合、なじみの深いアメリカで、と考える人も多いでしょう。アメリカはなんといっても世界トップの経済大国であるところが魅力です。このため資本が継続的に流入しています。人材の流入もありますので、不動産運用がしやすい側面があります。

アメリカの不動産に関する情報量ですが、比較的豊富です。しかもその透明性や不動産取引における公正性は世界でもトップクラスの水準といわれているので、不動産取引にまつわるトラブルに巻き込まれる心配があまりないです。国によっては、外国人が不動産を購入する場合、いろいろと規制のかかることも多いですが、アメリカの場合、不動産に関する外国人だけの規制はほとんどありません。このため、アメリカ人とほぼ同じような条件で不動産取引できるメリットがあります。

アメリカの不動産投資の場合、注目したいのは中古住宅です。日本の場合、中古物件は安く購入できる半面、リセールバリューは低いのでキャピタルゲインを受け取るのは難しいです。日本では一部を除き、築年数が経過すればするほど価格が安くなってしまうからです。

しかしアメリカは、世界でもトップクラスに、中古住宅市場が成熟しているといわれています。このため、築年数が経過しているだけで価値の目減りを起こすことが少ないです。つまり、中古物件を使った不動産取引で利益を上げられる可能性も、十分期待できるわけです。

アメリカの不動産投資のデメリットとして注意したいのは、地価が世界の中では高めなところです。このため、アメリカで不動産を購入するとなると、ある程度まとまった自己資金を準備する必要があります。初期投資の額が大きくなりますので、新興国などと比較すると利回りは決して高くないです。

アメリカで不動産投資をする場合には、メンテナンスコストのことも十分意識して物件探しをした方がいいです。実はアメリカでは、固定資産税の税額が比較的高いといわれています。このため、メンテナンスコストは世界的に見てもかなり高いです。高いメンテナンスコストを負担しても十分な収益の期待できる物件はどれかという視点で、どの不動産に投資するかを決める必要があります。ただし減価償却費を活用すれば、高い節税効果が期待できるので頭に入れておくといいでしょう。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.