地方物件へ投資するメリット・デメリット

不動産投資TOP >> 物件の場所別 >> 地方物件へ投資するメリット・デメリット

地方物件へ投資するメリット・デメリット

不動産投資では、どの地域の物件で賃貸経営するかも重要なポイントです。中には地方の物件を使った不動産運用を検討している人もいるでしょう。地方の物件に不動産投資をするメリットとして大きいのは、初期費用を安くできる点が挙げられます。通常、都市部と地方を比較すると、地方の方が地価は安いです。土地価格が安いので、マンションやアパートを購入する場合、都市部よりも安い価格で物件購入ができます。ということは、入居者さえ確保できれば高い利回りも期待できます。

都市部で普通に仕事をしている人が物件購入する際、やはり不動産投資ローンの活用を検討しなければならないでしょう。しかし地方であれば、割安で販売されているので一戸建てや区分マンションに不動産投資をする場合、自己資金だけで購入できる物件もあるかもしれません。

地方の物件に不動産投資をするメリットに、競合相手が少ない事も挙げられます。都市部でマンションやアパート経営をする場合、徒歩圏内に複数の集合住宅のあることも珍しくありません。ライバルに入居者を取られないようにするにはどうすればいいかをいろいろと考えないといけません。しかし地方の場合、都市と比較するとマンション・アパートの絶対数が少ないです。つまりライバルが少ないので、その地域の部屋を借りたいと思っている人を集めやすいメリットもあります。

一方で、地方の物件に不動産投資をする場合、デメリットもいくつかあります。まずは入居者さえ確保できれば利回りが高くなって、効率的に資産を増やすこともできるでしょう。ところが地方は都市と比較して人口が少ないです。このため、入居者をなかなか集められない恐れがあります。すると空き部屋リスクが高くなって、思うような賃貸経営のできない可能性があります。地方でマンション・アパート経営をする場合には人の集まってきやすい、地方の中では人口の多い大都市にある物件を中心に探したほうがいいです。

地方の物件は都市の物件と比較すると、ニーズの低い傾向があります。例えば、地方の不動産を購入して賃貸経営をしてみたけれども思うように利益が出なかったり、そのほかの理由で売却することになったとします。しかし買い手が都市部と比較すると少ないので、なかなか買主を見つけられない可能性があるのもデメリットの一つです。地方の物件に不動産投資をする場合、本当に賃貸に関する需要があるのか、しっかりとマーケティングしたうえで購入したほうがいいでしょう。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.