タワーマンションへ投資するメリット・デメリット

不動産投資TOP >> 物件の種類別 >> タワーマンションへ投資するメリット・デメリット

タワーマンションへ投資するメリット・デメリット

タワーマンションは、都市部を中心として建設されています。タワーマンションに投資する方法も注目されていますが、入居希望者が比較的見つかりやすいのはメリットといえます。タワーマンションは多くの物件で立地条件に恵まれたものが多いです。通勤・通学に便利で、周辺には生活に欠かせない施設のあるマンションが多いです。

また付帯設備の充実しているのも、入居希望者の多い理由の一つです。すべてのタワーマンションがそうではないものの、スポーツジムやプールがついている、最上階にラウンジがついていて住民であれば自由に利用できるなどの物件が多いです。さらに、ホテルのフロントのように、コンシェルジュサービスのついている物件も少なくありません。これだけいろいろなサービスが充実していれば、多少家賃が高くても住みたいと思う人が多いでしょう。

タワーマンションは好立地に作られている、また耐震性なども最新鋭の工法が使われている、上で紹介したように人気が高いということでリセールバリューも期待できます。もしタワーマンションで不動産経営を続けていて、何らかの事情で売却する必要が生じたとしても、それなりの価格で売却できる可能性があります。物件によっては、購入時の価格よりも高く売却できる可能性も出てきます。売却益が手に入るかもしれない点も、タワーマンションに投資するメリットといえます。

このようにメリットの多いタワーマンションですが、デメリットもあります。まずタワーマンションが建設されてから、まだ歴史がそれほど長くないです。このため、築年数が経過して大規模修繕の必要が生じたときに、どの程度の費用が掛かるは未知数です。修繕積立金を多く集めておかないと、いざ大規模修繕が必要になった際に積立金だけでは賄えない可能性も出てきます。そうなると自己資金を付け加えるか、新たに融資を受けるなどの対策を講じなければなりません。

また高齢化社会がどんどん進む中で、タワーマンションの需要が高い状態で続くかどうかわからないというのもデメリットであり、リスクといえます。タワーマンションは普段は別に快適に暮らせますが、大震災が発生した場合、エレベーターを利用できなくなります。もし高齢者が高層階の部屋を借りていると、どうやって地上に降りるのかという問題が出てきます。このような部分を懸念して、高齢者がタワーマンションを借りるのに躊躇する可能性があるため、将来性も慎重に見極めましょう。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.