駐車場へ投資するメリット・デメリット

不動産投資TOP >> 物件の種類別 >> 駐車場へ投資するメリット・デメリット

駐車場へ投資するメリット・デメリット

不動産投資の方法として、駐車場経営をする手法もあります。例えば、先祖代々の土地があって、相続したけれども使いようがないというのであれば、駐車場にして土地活用すれば、賃料収入が期待できます。駐車場のメリットとして大きいのは、ほとんど初期投資のかからない点です。マンションやアパートを購入・建設するとなると、莫大な費用が掛かってしまいます。しかし駐車場の場合、例えば平面駐車場であれば初期費用はほとんどゼロでしょう。

また駐車場は、転用や更地に戻すのが比較的簡単なところもメリットといえます。事業用オフィスビルやマンション等で借家権契約を結ぶと、後になってほかの方法に転用しようと思っても借地借家法がネックになります。このため、自分の土地でありながら自分の好きに利用できなくなるというジレンマを抱えます。

一方駐車場は、借地借家法の適用外になりますので、利用者には事前通告のみで立ち退かせることも可能です。土地を売却したい、相続税が支払えないので物納したいといったときでも、比較的スムーズに手続きを進められます。ずっと駐車場として活用できますし、ほかの用途に途中で変更もできる、多種多様な選択肢を残しながら不動産投資できるのもメリットといえます。

不動産投資のメリットとして、節税効果が期待できます。しかし、駐車場経営のデメリットとして、この節税効果の恩恵が受けられない点があります。固定資産税はアパートやマンション経営をすれば、住宅用地扱いになり、固定資産税・都市計画税が従来の1/6にまで減額されます。しかし駐車場は住宅用地にはならないので、減額前の課税額になってしまいます。相続税に関しても、更地と同じ評価になりますので高くなる傾向が見られます。

駐車場経営で不動産投資をする場合、立体駐車場を作る方法もあります。平面と比較して、より多くの自動車を収容できる分、賃料収入もアップします。しかし立体駐車場には、制約のある点もデメリットといえます。実は法令上で制限があって、例えば用途地域制限によって住宅地などには立体式駐車場の建設が認められないケースもあります。

また、立体駐車場にした場合、建物を建設するので平面駐車場より初期投資の額が大きくなります。すると投資額を回収できなくなるリスクが生じますし、後に解体する場合でもその費用もそれなりにかかってしまいます。駐車場で土地活用する場合、どのような形式の駐車スペースにすべきかは将来性も含めた検討が求められます。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.