新築アパートへ投資するメリット・デメリット

不動産投資TOP >> 物件の種類別 >> 新築アパートへ投資するメリット・デメリット

新築アパートへ投資するメリット・デメリット

投資用不動産にはいろいろなタイプがありますが、新築アパートを使って資産運用する方法ももちろんあります。まず「新築」というのが大きなセールスポイントになりえます。賃貸を探している人を見ると、古臭く他の誰かの手あかにまみれた中古よりも、できれば新品の新築物件の方が気持ちよく住めると考える方は多いです。ですから新築物件の場合、入居者が中古と比較すると集まりやすい所があります。

また新築ということは、建物も中の設備も新品です。ということは、アパート経営を始めて当面の間は修繕の必要はまず生じないでしょう。修繕費コストを負担する必要がないです。しかも最初の段階から、それなりの修繕積立金を住民からとれば、いざ修繕が必要になってもプールされているお金が十分あるでしょう。ということは自分の資金を持ち出さなくても必要な修繕が可能になります。中古アパートの場合、経営を始めてすぐに不具合の出る可能性もあります。その結果、修繕積立金では十分賄えずに自己資金を持ち出す羽目にもなりかねません。

不動産投資をするにあたって、不動産購入費用を全額自己資金で賄える人はかなり限られます。大半の人が不動産投資ローンの融資を受けて購入することになるでしょう。住宅ローン同様、不動産投資ローンも担保になる不動産の価値によって融資される金額も変わってきます。

金融機関の一般的な傾向として、築年数の古い物件ほど、評価が低くなります。中古アパートの場合、希望している額を融資してくれない可能性も出てきます。しかし、新築アパートであれば、建物の価値を高く評価してくれます。このため、不動産投資ローンの融資条件が自分の希望するものとなる可能性は高いです。

新築アパートにはメリットの半面、デメリットもあります。まず、他の条件がほとんど一緒であれば、新築の方が中古と比較して価格の高い点です。収益性が高ければいいですが、もし当初見込んでいた収益が出なかった場合、利回りもダウンして苦しい不動産経営を強いられることになります。

また、購入した時は新築でも、当然のことながら中古になって、築年数が古くなると物件の価値も下がってきます。新築で入居者を募集した場合、家賃を多少強気に設定しても住民を確保できるかもしれません。しかし築年数が経過すると、家賃を下げないと入居者を確保できなくなる恐れもあります。少しでも新築時の価値を下げないようにするためには、こまめな建物のメンテナンスが求められます。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.