賃貸併用住宅へ投資するメリット・デメリット

不動産投資TOP >> 物件の種類別 >> 賃貸併用住宅へ投資するメリット・デメリット

賃貸併用住宅へ投資するメリット・デメリット

不動産投資の中で注目を集めているのが、賃貸併用住宅です。賃貸併用住宅とはマイホームとして使用する一方、一部を別の入居者に貸し出すシステムです。マイホームを確保でき、かつ家賃収入を見込めるので、一石二鳥ということで注目を集めています。

通常マイホームを購入する際、住宅ローンを組む人が多いです。マイホームだけであれば、自分の稼ぎからローン返済を賄わないといけません。しかし、賃貸併用住宅で入居者を確保できれば、入居者の支払った家賃をローン返済資金に回すことも可能です。その結果、自分のお金を出す必要がなくなり、家計のやりくりもしやすくなります。

ちなみに住宅ローンと不動産投資ローンのいずれを利用するかですが、建物の半分以上を自分の居住用スペースに使っていれば、住宅ローンの借り入れが可能です。住宅ローンには控除や減税措置もいろいろとあるので、こちらの恩恵を受けられるのもメリットです。

住宅ローンを利用すれば、その人の経済力にもよりますが、ある程度まとまった金額の融資を受けられるかもしれません。そうなれば、都市部のいい立地条件にマイホームを購入できるかもしれません。このような条件のいいところに賃貸併用住宅を建てれば、入居者も集まりやすいでしょう。不動産投資で無視できない空き部屋リスクを低減することも、やりようによっては可能です。

ただし、賃貸併用住宅にはデメリットもありますので、留意しなければなりません。その中でも注意しなければならないのは、赤の他人と共同生活をする形になる点です。例えば自分と入居者の生活リズムが違っていると、自分が眠っているときに相手が活動することになりかねません。すると「騒音で眠れない!」というストレスがたまります。またお互いのプライバシーをどう守るかという問題も出てきます。このようなトラブルが起こらないようにするためには、自分の住んでいる居住部と貸し出す賃貸部をしっかり分けておくことが大事でしょう。

賃貸併用住宅の場合、空き部屋リスクが少ないと紹介しましたが、決してゼロではありません。例えば、生活しにくいエリアやあまり人気のない地域にマイホームを購入して、いざ賃貸併用住宅として貸し出そうと思っても、入居希望者が集まりません。もし賃貸併用住宅として活用しようと思ってマイホーム探しをするのであれば、入居者のニーズの高い街かどうかもしっかり調査して物件探しをする必要があります。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.