土地から投資へ投資するメリット・デメリット

不動産投資TOP >> 物件の種類別 >> 土地から投資へ投資するメリット・デメリット

土地から投資へ投資するメリット・デメリット

不動産投資の手法として、マンションやアパートなど既存のものを購入する方法がまずあります。そしてもう一つ、土地を購入してそこに建物を建築して賃貸経営する方法が考えられます。後者の場合、自分の思い通りの建物を建築できるのがメリットです。マーケティングをして、その地域でどのような賃貸物件が求められているのかを把握して、それに見合った建物を作れば、入居者も集まりやすいでしょう。

また土地から購入する不動産投資の場合、新品の建物を建築します。ということは中古の物件と比較すると、当面修繕をする必要はないでしょう。修繕をすることになったとしても、大規模修繕を行うことはまずないはずです。修繕費といっても少額で済みます。

さらに、賃貸を探している人は、新築を好む傾向があります。誰の手あかにもまみれていない、新品の物件が好まれます。このため、新築物件を作って入居者を募集する場合、多少その地域の相場よりも高めに家賃設定しても入居率はそれなりに期待できます。つまり家賃収入も多くなる可能性が高いです。

土地を持っているけれども、更地で何も使っていない場合、マンションやアパート経営するのも一考です。この場合の最大のメリットは、税金負担が軽減される点です。不動産を所有すると、固定資産税・都市計画税がかかります。マンションやアパートを建築した場合、貸家建付地という扱いになります。更地のままと比較すると、固定資産税は1/6となります。また相続税の評価額も2割前後下がりますので、子供たちに相続する場合にも、税負担をあまりかけずに済みます。

土地から購入して不動産投資をする場合のデメリットは、建物を建設するための費用を負担しなければならない点です。マンションやアパートを建設するとなると、一戸建てよりも多額の費用が必要です。不動産投資ローンなどの融資を受けなければ、資金の捻出のできない人も多いでしょう。

マンションやアパート経営で家賃収入があれば、ローンの返済資金に充てられます。しかし思ったように入居者が集まらなかった場合には、自分でローン返済の資金を持ち出さないといけなくなります。このような空き部屋リスクにどう対処するかも、不動産投資の課題になるでしょう。

アパートやマンションマーケットの競争は激化しつつあります。ですから、投資をするエリアによってはあまりうまみがないかもしれません。立地条件のいいエリアでないと、思うように資産形成できないリスクはあります。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.