DIYリフォーム物件へ投資するメリット・デメリット

不動産投資TOP >> 物件の種類別 >> DIYリフォーム物件へ投資するメリット・デメリット

DIYリフォーム物件へ投資するメリット・デメリット

現在、賃貸物件として提供されているものの中には、DIYリフォームと呼ばれる部屋もあります。国土交通省でも「入居者リフォームする、新しい賃貸住宅・DIY型賃貸借のすすめ」というパンフレットを配布しているほど、力を入れているタイプの物件です。DIYリフォームとは、入居者自身が部屋の中をリフォームできる方式の賃貸物件です。

DIYリフォームのメリットとして、入居者受けのいい点が挙げられます。自分で部屋の中をリフォームできるので、自分好みの改修ができます。賃貸物件というよりも、持ち家に近い感覚で居住できるのは大きな売りになります。入居者の応募の可能性が高まり、より安定した家賃経営ができます。

また、入居者自身がリフォームするので、オーナーとしてみれば、部屋に特別な処置を施すことなくそのまま貸し出せます。例えば、ハウスクリーニングに伴う費用をかける必要がないです。しかも退去した後ですぐに貸し出せるので、空室リスクを軽減できるのもメリットの一つといえます。

自分でリフォームをした物件で暮らす人は、特別な愛着を感じるでしょう。しかも自分にとってベストの快適で暮らしやすい部屋に仕上がっているはずです。そのような部屋を、おいそれと簡単には引っ越さないでしょう。ということは、いったん入居者を確保すると長期居住が期待できます。すなわち、長期的に安定した家賃収入が見込めるのもDIYリフォームに不動産投資をするメリットといえます。

場合によっては、入居者のリフォームによって、設備や内装が退去した際にレベルアップしている可能性があります。それが部屋に付加価値をつけることで、次の入居者が見つかりやすくなるメリットも期待できるわけです。

ただしDIYリフォームをする人が、すべてセンスのいい方とは限りません。もしかすると美的センスがなく、悪趣味なリフォームにされてしまう可能性もあり得ます。この場合、その人が退去した後で部屋を貸し出すといっても、そのままではなかなか次の入居者の決まらないリスクも背負い込むデメリットもあります。その場合、家賃を値引きするかハウスクリーニング業者を入れて大掛かりにリフォームをして元通りにしなければなりません。いずれにしても大家さんの経済的なダメージは大きいです。

また通常、DIYリフォーム賃貸契約を交わす場合、リフォームしたところは入居者に原状回復義務をつけません。ですからリフォームしたところをハウスクリーニングしても、敷金で入居者に支払ってもらえないので注意しましょう。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.