収益物件の利回りの相場

不動産投資TOP >> ここは押さえよう >> 収益物件の利回りの相場

収益物件の利回りの相場

収益物件を購入することが、不動産投資で効率的に資産を増やす方法の基本です。収益物件とは簡単に言ってしまうと、高利回りの期待できる物件です。ここで問題になるのは、収益物件の利回りの相場がどのくらいかです。収益物件の利回り相場を見ると、アパートとマンションで若干違いがあります。

アパートの収益物件の相場は6〜15%前後だと思いましょう。中にはこれをはるかに上回る利回りの物件もまれにですがあります。高利回りの物件ですが、まず普通に考えてよほどの好物件であることが考えられます。

しかしもう一つ、逆に何かマイナスポイントのある可能性も否定できません。特に高利回りが表面利回りを根拠にしている場合には注意が必要です。近隣に騒音の発生源である工場や高速道路がある、駐車場がないなど入居者にとってマイナスの条件が伴っている可能性も否定できません。また築古物件で高利回りの場合、購入してすぐに多額の修繕費が発生するケースもあります。

マンションの収益物件の基準利回りは、4〜12%程度だと思います。こう見ると、アパートの方が利回りの良いことがお分かりでしょう。これには理由があって、マンション経営をする場合、出ていくお金も大きいからです。アパートは比較的日本全国どこにでもありますが、マンションは都市部に偏る傾向が見られます。都市部は地方と比較して、地価も高めです。またマンションの方が、一般的にアパートと比較すると建物も大きくなります。このため、建築費も高くなり、建物そのものの価格が高くなるため利回りも小さくなります。

アパートの場合、木造の物件も多いです。すると耐久年収は、鉄筋コンクリートがほとんどのマンションと比較すると短いです。また劣化のペースも早いので、修繕費がかかります。マンションの場合、新築・築浅の物件であれば、当面修繕やリフォームの必要はないでしょう。そう考えると、アパートと比較すると利回りでみれば低いかもしれませんが、決して儲からないわけではないです。

不動産投資をするにあたって、利回りを重視する人は多いでしょう。そのこと自体は間違いではありません。しかし、単純に利回りの高い低いで比較すると、足元をすくわれる可能性があります。中には満室状態を仮定して表面利回りを算出した結果、高利回りになっている物件もあります。利回りの根拠は何か、不動産会社の営業マンに説明を求め、納得がいってから初めて購入を本格的に検討すべきです。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.