オーナーチェンジ物件とは

不動産投資TOP >> ここは押さえよう >> オーナーチェンジ物件とは

オーナーチェンジ物件とは

不動産投資をするための物件探しをしている人の中には、中古物件にターゲットを絞っている方もいるでしょう。新築と比較すると、ほかの条件が一緒であれば、中古の方が安く購入できるからです。中古物件の中でも狙い目といわれているのが、オーナーチェンジ物件です。オーナーチェンジ物件とは、もともと不動産経営していた人が別の人に物件を丸ごと売却することです。建物・住人はそのまま、オーナーだけが変わる形になります。

オーナーチェンジ物件がねらい目の理由は、家賃収入があらかじめ計算できるからです。すでに不動産経営が行われていて、入居者がいます。この入居者も物件とともに次のオーナーが引き継ぐことになります。ですから確実に一定の家賃収入が、オーナーになった当初から約束されているのです。

中にはほぼ満室になっているマンションやアパートが、オーナーの事情で売りに出されることもあります。この場合、いきなり多額の家賃収入が受け取れます。また満室経営なら、リフォームやリノベーションをする必要もないです。つまりコストも最小限にして、収益を最大限にできるわけです。

投資用不動産のチラシやWEBサイトもいろいろとあります。この情報を見てみると、「オーナーチェンジ物件」を売り文句にしている不動産会社は多いです。確かに上で紹介したようなメリットはあります。しかしその一方で、注意すべき点もあります。

オーナーチェンジ物件を購入するにあたって、絶対に考えないといけないのは、「そもそもなぜオーナーがその物件を売りたがっているか?」です。もし満室経営に近く安定した家賃収入を得ているのであれば、みすみすその利益を手放す必要はないはずです。例えば入居者間のトラブルを抱えている、管理組合との軋轢があるなどの事情で不動産経営に嫌気がさして、売却している可能性も考えられます。この場合、このようなトラブルも前のオーナーから引き継ぐことになりかねません。

ただしオーナーチェンジ物件の中には、前のオーナー特有の事情で手放さざるを得なくなったというケースもあります。例えば売主に急にお金が必要な事情ができて、とにかく早く現金を確保するために投資用不動産を売却したいというケースもあります。これなら物件そのものに問題はないので、購入してもデメリットやリスクを引き受けることはないです。このように前のオーナーが不動産売却したい事情は様々なので、その部分の調査をしたうえで購入するかどうかの判断をしましょう。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.