収益物件の管理会社の選び方

不動産投資TOP >> ここは押さえよう >> 収益物件の管理会社の選び方

収益物件の管理会社の選び方

不動産投資をするにあたって、自分で管理をするという方法も、もちろんあります。しかし、不動産管理を自分で行うのはかなり大変です。家賃の徴収を行う、共用スペースの管理をする、さらに入居者間でトラブルが発生した場合にはその仲裁に入って事を納めるなど、様々な業務をこなさないといけません。また入居者全員が期日通りに家賃を支払ってくれればいいですが、中には滞納する人も出てくるかもしれません。その場合、家賃支払いに催促をするのも、オーナーになります。

自分で不動産管理をするのは難しいと思うのであれば、管理会社に依頼すると良いでしょう。管理会社に対して管理費を支払う必要がありますが、不動産管理のすべてを担当してくれるので、オーナーの負担は最小限となります。

不動産投資をしている人の中には、サラリーマンなどの本業を持つ人も見られます。本業のある人は、管理会社に不動産管理を依頼することになるでしょう。不動産管理会社などで検索にかけてみると、いろいろな会社がヒットするはずです。不動産管理会社はピンキリなので、どこに依頼するかで収益が出るかどうか大きく左右することもあり得ます。

不動産管理会社を選ぶ場合に、賃貸物件の実績が豊富かどうかはチェックすべきです。不動産管理会社の中には、賃貸物件専門の所もあれば、分譲マンションの管理も手掛けている業者もあります。不動産管理は、入居者のクレーム対応や家賃の管理、入居希望者の審査、必要に応じてのリフォーム・修繕、物件の管理と多岐にわたります。その中でも賃貸と分譲の管理の大きな違いは、入居者募集にあります。しかも不動産管理の業務の中でも、この入居者募集が最も難易度が高いと言われています。

賃貸専門、もしくは賃貸管理を数多く手掛けている不動産会社であれば、営業力が強く、入居者募集のためのノウハウ・他の不動産会社とのネットワークも持っているでしょう。また営業マンも入居希望者を集めるためのテクニックに長けています。入居希望者が物件を内見する際、その部屋のセールスポイントを説明します。経験豊富な営業マンであれば、物件の魅力を分かりやすく伝えてくれるので「この部屋に住んでみたいな」と入居希望者に思わせやすくなります。

この入居者募集力は、空室率や家賃収入の多少に直接関係します。ですから、これまで賃貸物件をどのくらい手がけてきた実績があるのか、担当した物件の入居率はどのくらいかなどは必ずチェックしておきたいところです。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.