「区分所有」と「一棟買い」の違い

不動産投資TOP >> ここは押さえよう >> 「区分所有」と「一棟買い」の違い

「区分所有」と「一棟買い」の違い

不動産投資をするためには、物件購入が必要です。通常、マンションやアパートのような集合住宅を買い取って、そこに入居者を住まわせ家賃収入を得るスタイルをとります。この時マンションやアパートを丸ごと一棟購入する方法のほか、区分所有といってマンション・アパート全体ではなく、一部屋を購入して運用するスタイルもあります。

区分所有のメリットは、少額投資で始められる点です。マンションやアパートを一棟丸ごと購入するとなると、それなりのまとまった資金が必要です。地域によっては億を軽く超える物件も珍しくありません。マンションやアパート一部屋や数部屋であれば、そこまでの莫大な資金を投入する必要はないです。普通に働いている人なら、おそらく不動産投資ローンなどの融資を受ける必要があるでしょう。区分所有であれば、借入金額も少なくて済みます。

しかし区分所有の場合、マンションやアパートを複数のオーナーで所有するスタイルになります。ということはリフォームをどうするか、すべてのオーナーの意見が統一されなければなりません。また最近は、マンションやアパートでもペット可の物件も見られます。ペット可に自分がしたくても、他のオーナーが認めないのであれば、思い通りの不動産経営ができません。

区分所有の場合、必ずしも入居者がすぐに見つかるわけではないです。そうなると空き部屋リスクがどうしてもついて回ります。しかし一棟丸ごと購入すれば、全室空き部屋になってしまうことはまずないでしょう。その意味では、空き部屋リスクを分散できます。また単独オーナーになりますので、マンションの管理規約などのルールを自分の思い通りに作れます。入居条件や家賃変更もスムーズに手続きできるでしょう。

しかし、マンションやアパートを一棟丸ごと購入するとなると、莫大な費用が掛かります。初期投資の段階で、大きな債務を抱えることになります。入居者が比較的簡単に見つかればいいですが、なかなか見つからず思うように家賃収入が伸びなければ、自分で借金返済をしていかなければなりません。

また一棟丸ごと購入して、何らかの自然災害に見舞われた場合、リスク分散ができなくなります。もし震災クラスの地震が起きて、建物に深刻なダメージが出てしまえば、不動産経営をそれ以上続けられなくなる可能性もゼロではありません。一棟丸ごと購入の場合、このようなリスクが高くつく事も頭に入れておきましょう。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.