収益物件とは

不動産投資TOP >> ここは押さえよう >> 収益物件とは

収益物件とは

収益物件とは文字通り、収益をもたらしてくれる物件のことです。これでは抽象的すぎてわからないという人も多いでしょうから、もう少し詳しく見ていきます。不動産で収益をあげるにあたって、2つのアプローチがあります。それが、キャピタルゲインとインカムゲインです。

キャピタルゲインとは、購入した不動産の物件価値が上がった時点で売却する事により、その差益を手にする手法です。例えば、とある物件を2000万円で購入したとします。その後2400万円でその物件を売却できれば、400万円のキャピタルゲインを手にしたことになります。

バブルの時代、「不動産王」などといって世界中の物件をあれこれ買い占めて、巨万の富を得た人がいたでしょう。これはまさにキャピタルゲインによって、自分の資産を増やす手法の代表例です。しかし現在、キャピタルゲインで資産を増やすのは、とてもリスキーです。

バブルの時代なぜ大きな利益をあげられたのか、それは日本が当時、地価が右肩上がりの時代だったからです。都市部はもちろんのこと、地方でも土地の価値は時間とともにどんどん上がっていく時代でした。

しかし現在、バブルがはじけてデフレの時代が長く続き、地価はバブルのころと比較して何分の一の時代です。しかもどこでも土地が上昇しているわけではありません。特にマンションやアパートのような建物付きの場合、築年数が経過すればするほど建物の価値は下落します。その中で物件の価値が値上がりして、売却益を手にするのは至難の業といっていいでしょう。

現在、不動産投資の中で注目されているのがインカムゲインです。インカムゲインとはマンションやアパートを購入し、その部屋を別の誰かに貸し出します。そして毎月発生する家賃収入を得ることで、資産を増やすスタイルです。

インカムゲインの場合、家賃を毎月得る手法なので短時間で資産を大きく増やせません。しかし長く保有すれば、コツコツと資産を増やしていくことも可能です。しかも売買するわけではないので、不動産の価値が値下がりして売却した際に損失が発生することもないです。

インカムゲインをベースにした収益物件は、すなわち家賃収入が確実に発生する物件、入居率の高い物件ということになります。建物の設備や部屋の広さなども重要ですが、立地条件に恵まれているかどうかも入居率に大きく影響します。入居者にとって、生活のしやすい物件が収益物件ということになります。

収益物件選びの心強い味方!人気のサービスランキング

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!


Copyright (C) 2017 不動産投資.com【※収益物件の選び方】 All Rights Reserved.